借金コラム

車事故で借金をして自己破産?車事故で借金した方の解決策

交通事故を起こしてしまって借金をしてしまう人は少なくありません。

賠償金、治療費、車の修理代など…。特に無保険で事故を起こしてしまった場合はお金に困ります。

ときには賠償金に困ってしまい、自己破産をすることも…。

交通事故を起こすことで、その後の生活に困ってしまうこともあります。

加害者だけではなく、被害者もお金に困ってしまうのが、交通事故です。もし、借金をした場合にどう解決すればよいかをお話します。

借金をしている方は無料で相談ができますので、専門家に無料相談をしてみてください。


借金減額診断はこちら

交通事故の借金は解決できる?なぜ事故で借金となるのか

突然の事故にあってしまい、借金が残ってしまうケースは珍しくありません。

たとえば、原付の事故に関する場合です。

接触事故を起こしてしまい、相手が亡くなってしまった場合など、状況にもよりますが、保険の中でも、自賠責保険にしか加入していない場合、補うことができない損害賠償額を支払わなければならないケースがあります。

借金をしていない場合や、貯金が100万円以上ある場合も、2000万円以上の損害賠償が必要になることも。

この場合、貯金を全額賠償にしたとしても、残りの金額を返済しなければなりません。

交通事故で借金が発生する理由は「任意保険の未加入」

交通事故で金銭的問題が発生してしまう、最も大きな理由は「任意保険」の未加入です。

加害者である自分に保険が無かったことでお金が払えない、という場合がクローズアップされがちですが、その反対ももちろんあり、加害者側に保険が無かったことで被害者側が十分なお金を払ってもらえない、というケースもあります。

先程は、原付の事故に関して述べましたが、自動車保険には義務化されている「自賠責保険」と、任意である「任意保険」があります。

自賠責保険だけの場合と任意保険両方に加入している場合とでは、被害者と加害者ともに、支払い補償額、受け取り補償額に大きな変化が生じてくるので気をつける必要性があります。

自賠責保険 任意保険
加入義務 義務 任意
補償対象 対人のみ 対人(自賠責保険に上乗せする形)・対物(自動車など)・自分・
補償の上限 ある ある~契約によっては無制限
示談交渉 してくれない してくれる
免責事由 少ない 多い
賠償金の減額 ある程度適用される 多くが適用される

このように、加害者が任意保険に入っていない場合は賠償金の支払いが非常に困難になってきます。

さらに、任意保険に未加入であれば保険会社が示談交渉を行ってくれないので、加害者自ら被害者側と交渉をしなくてはならなくなります。

さらに相手側に弁護士が介入してくることがほとんどですので、高額な補償を突き付けられる事態になります。

そのときこちらに賠償金の支払い能力がなければ、相手から訴訟を起こされる可能性は高いので、応じなければ、財産が差し押さえられます。

もし相手側が裁判を起こしてきたら、出頭する必要があるので、放置することもできませんし、返済能力がないからと言って、返済しなくていいということにはならないんです。

交通事故が発生すると、被害者と加害者両方ともにお金の問題が発生

交通事故が発生すると、裁判がどう転がるのか…? は事故のケースによって様々ですが、被害者は思うような賠償を得られず、加害者は賠償金の支払いに困窮するのが現実です。

そして被害者は交通事故後のケアのために、賠償額では補えなかった分を借金で補う必要がありますし、加害者は借金をして賠償金を返そうとします。

この困難にぶつかったときは、借金問題に詳しい専門家に相談をするのがもっともよい解決策です。

「借金を得意とする弁護士」に相談するしかない

事故に遭遇してしまい、お金の返済に困っている方も、また借金をしてお困りの方は、借金問題に詳しい弁護士に相談をすることで、解決できます。

実は、交通事故で借金をしてしまった場合には、「交通事故に詳しい弁護士」ではなく、「借金に詳しい弁護士」に新たにお願いするのがよいです。

これはなぜかというと、交通事故の弁護士は、示談交渉には長けていますが、借金問題には向いていません。

交通事故で借金をしてしまった場合に、長期にお金を借りている人は、遅延損害金の発生が見直しがはかられたり、支払いが可能になるレベルに借金が減額になる可能性があります。

そしてもしも返済が難しい場合は、無理をしないで、自己破産を視野に入れるのも大切なことです。(自己破産に関しては、後半でお話しています。)

借金をしている方は無料で相談ができますので、専門家に相談をすることがおすすめです。

プライバシーを配慮してのことなので、お話は電話でしても匿名で問題ありません。今の時点で、わからないことは、とにかく聞いてみましょう。


借金減額診断はこちら

まとめ

交通事故を起こし、借金をしてしまう方もいれば、お金の工面に困ってしまう方も少なくありません。

また、もしも貯蓄で返済ができないので自己破産を検討している方も、弁護士に相談をすることで、破産から任意整理に方針を変更し,交渉した結果和解することも可能です。

加害者側も、弁護士を立てていれば、相手有利の状況を回避しつつ交渉できるはずです。

借金をしている方も、弁護士により借金が減額される可能性も高いので、まずは相談をしてみてください。

これからの人生設計を新たに描いていければ、困難な問題にも対処していくことが可能になります。


借金減額診断はこちら